元保護犬コハクの知られざる過去。我が家に譲渡される前のコハクのお話。

5
Share
Copy the link

数回前の動画からパソコンが少しパワーアップし
動画を高画質で投稿できるようになりましたので
初期の映像を改めて使わせてもらいました。

以下の説明はあくまでもお父ちゃんとママちゃんが
コハクを実際に飼い始めて感じたこと思ったことです。

動画内では代理人の話をコハクの過去として使いましたが、
コハクがヒートになった事でその代理人の話の信憑性はなくなりました
手続き時に避妊手術済みと言っていたのにヒートになりましたからね(# ゚Д゚)
むしろお父ちゃんは近隣住民がコハク達を引き取ってもらうために
酷い環境だったとか捏造したんじゃない?とまで思っています。

真実はコハクにしか分かりませんが
お父ちゃんもママちゃんも思うのは、コハクの前の飼い主さんは
飼育場所は間違っていたがコハク達に愛情は注いでいたんだろうと。

そうじゃなければコハクの艶っ艶のキラッキラの毛並みや
獣医さんからの保護犬の割には肉付きが普通ですね発言だったり
保護犬らしからぬ心を開く早さの説明がつかないんですよ!

もしかしたら本当はコハク達を手放したくなかったんじゃないのかな?

ちなみにコハクの毛艶は我が家に来てから少し悪くなりました…
前飼主さんに聞きたい、「何を食べさせていたんですか?」

前回の動画

◆Twitter(担当ママちゃん)動画以外のママちゃん目線のコハクが見れます

元保護犬の「コハク」
センターの職員さんがつけた愛称を
そのまま名付けました。
推定2歳の雑種の女の子です。

センターのホームページ記載の紹介文では
「少し臆病ですが人馴れしています」
と書いてありましたが、実際は
好奇心旺盛のお転婆ちゃんでした。

保護犬・譲渡犬を家族に迎えようとお考えの方の
参考になれば幸いです。

家族構成:お父ちゃん 一緒にお昼寝担当
     ママちゃん しつけ・お世話担当
     ばぁちゃん お留守番担当

#中型雑種犬はいいぞ